【タトゥー除去】1回目のピコレーザー治療

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【画像あり】ピコレーザーで消す!タトゥー除去体験ブログ!

 

35ヶ所の美容クリニックでタトゥー除去のカウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックが一番値段が安かったですし、条件も良かったので、うちの事務所の中田君には湘南美容クリニックのピコレーザでタトゥーを消してもらう事にしました。

 

ただ、私も鬼ではありません・・とても大きいタトゥーなので、「YOU!tattoo全部消しちゃいなよ!」というのは、さすがに可哀そうでした。

 

なので、とりあえず誠意をみせてもらうために、「YOU!tatoo一部だけ消せばいいよ」ということにしてあげることにしました(笑)

 

タトゥーを消してもらったのは、下の画像の部分になります。


湘南美容クリニックの公式サイト

スマホからカウンセリング予約する

 

 

 

 

タトゥー(刺青)を除去してもらうのは、画像の赤で囲った部分で、大きさは横が約6センチ、縦が約2センチになります!ワンポイントタトゥーぐらいの大きさです!

 

ここだけで勘弁してくれた社長に感謝です!(笑)

 

それでは、湘南美容クリニックで受けた、ピコレーザーでのタトゥー除去治療の様子を、詳しく解説していきますね!

 

画像つきのブログ形式で解説しているので、ピコレーザーでのタトゥー除去がどんな感じなのかイメージしやすいと思います!

 

たぶん、ピコレーザーの治療内容を、僕より詳しく解説しているタトゥー除去ブログは他にないと思うので必見ですよ!


 

治療をお願いしたのは湘南美容クリニック 新宿本院!

 

タトゥー除去の治療をお願いしたクリニックは、湘南美容クリニック新宿本院になります。

 

なぜ治療院に湘南美容クリニック新宿本院を選んだのかという理由は、コチラに詳しく書いているので参考にしてみてください。

 

選んだ理由を、ざっくりお伝えしておくと、

  • タトゥー除去の料金が一番安かった
  • ピコレーザーでタトゥーを除去できる
  • 通いやすい位置にクリニックがあった
  • 大手クリニックだから安心感がある

といった感じになります。

 

ピコレーザーでタトゥーを除去します!

 

タトゥー(刺青)除去の治療方法はレーザー治療を選択しました。

 

タトゥー除去に使用するレーザー機器は、もちろんピコレーザーになります。湘南美容クリニックに導入されているピコレーザーのメーカーは、サイノシュア社のピコシュアになります。

 

ピコレーザーにも様々な種類がありますが、サイノシュア社が製造しているピコシュアについては、こちらで解説していますので読んでみてください。

 

【タトゥー除去】ピコレーザーの料金は・・・

【画像あり・タトゥー除去】ピコレーザーのタトゥー除去体験ブログ! 

上の写真でご紹介した「横6cm・縦2cm」のタトゥーを消す場合の見積書を出してもらった結果、刺青除去にかかる費用すべてコミコミで、174,971円の金額になるとの事でした。

 

湘南美容クリニックでは、25平方cmまでのタトゥーであれば、3年間無制限でピコレーザーの治療を受けられるという特別プランがあり、この見積書はそれに沿った料金内容になっています。

 

ピコレーザーの治療は、照射した部位がトラブルなく完治したら、2ヵ月おきに治療を受ける事ができます。なので、1年間で最大6回治療を受けれる事になり、3年間無制限だと最大18回のレーザー治療を、この料金のみで受けれる事になります。

 

QスイッチYAGレーザーで治療すると、何度照射してもタトゥーが完全に消えないという事が良くあり、料金がかさんでしまいます。

 

その反面、ピコレーザーは10回前後の照射でタトゥーが消える場合がほとんどなので、この見積書のプラン内で、治療を終わらせることができることが予想されます。

 

そう考えると、このピコレーザーのタトゥー除去治療の料金は、かなり安いということが言えると思います。

 

見積書に記載されてある他の内容について

 

見積書の施術内容にある、「ランジェ ホスピレッグ」と「ランジェ ホスピピュア」というのは、傷跡を綺麗にするための錠剤と塗り薬になります。

 

「ランジェ ホスピレッグ」と「ランジェ ホスピピュア」は湘南美容クリニックとシーオーメディカルという会社が、傷跡を綺麗に消すために共同開発したものになり、薬局では売っていません。

 

美容の専門家が作ったものなので、傷跡を綺麗にしてくれる効果はあると思うのですが、ちょっと高額だったので購入しませんでした。

 

次に、「デルモゾール軟膏」と「モイスキンパッド」ですが、こちらはお風呂上がりに傷跡が乾かないように処方するものなので、必ず購入しなくてはいけません。こちらはなくなり次第、再度購入する形になります。

 

麻酔に関しては、「強力麻酔クリーム」と「笑気麻酔」がありますが、1回の治療ごとにかかる料金になります。なので、麻酔をして治療を受ける場合は、その都度、麻酔代を支払わなければいけません。

 

「痛みには強いので麻酔なしでも大丈夫」という人は、麻酔なしで治療を受ける事もできます。

 

ちなみに、僕は「麻酔なし」で治療に挑戦しているのですが、麻酔なしでのピコレーザーの痛みについては、下のほうに体験談を書いているので読んでみてください。

 

最終的はタトゥー除去治療の値段は・・

 

そんなこんなで、ピコレーザーで消す最終的な金額は、見積書で提示された料金からだいぶ安くなり、レシートの画像にあるように、合計138,960円という事になりました。

 

除去するタトゥーの範囲が小さいとはいえ、ピコシュアで治療すると30万ぐらいはかかると思っていたので、かなり安いと感じました。

 

【画像あり】タトゥー除去ができる35ヶ所のクリニックの値段を大公開!

 

支払い方法は、現金・クレジットカード・デビットカード・医療ローンがあるのですが、想像していたより安かったので、クレジットカード一括で支払いました。

 

医療ローンを組んで分割で支払いたい場合は、前もって審査を通過しておかなければいけません。

カウンセリング当日に、そのままタトゥー除去治療を受けず、別の日にタトゥー除去治療を受ける場合は、予約金として12,500円支払って治療日の予約を取る形になります。予約のキャンセルは、前々日の23時まで受けてくれます。(例:8月31日の予約であれば前々日の8月29日23時まで)

 

受付時間を過ぎて、または連絡のない変更・キャンセルの場合は、事務手数料として12,500円が予約金から相殺される形になります。
変更・キャンセルがない場合は、治療日当日に料金を支払う際に、総額から予約金12,500円を差し引いた金額を支払う形になります。

湘南美容クリニックの公式サイト

スマホからカウンセリング予約する

 

【タトゥー除去】ピコシュアで1回目のタトゥー除去治療

 

10分ぐらい待った後、看護師に案内され治療室に向かいました。治療室は6畳ぐらいの広さで、中に入った所のすぐにピコシュアが置かれていました。

 

想像していたよりも、かなり大きなレーザー機器でした。

 

僕は麻酔なしでの治療を希望していたので麻酔の処置はなく、代わりに看護師から小さいアイスパックを渡され、照射する場所を冷やすように言われました。

 

アイスパックでタトゥーを冷やしながら20分ほどすると、担当医師が治療室に入ってきました。そして、診察台の上に仰向けになるように言われました。

 

 

診察台の上に仰向けになり、テレビドラマでしか見た事のない大きな照明を見た瞬間、ドキドキはMAXに達しました(笑)

 

なぜなら、「ピコレーザーは麻酔なしだったらどれくらい痛いんだろう」という不安で、緊張しまくりだったからです。(正直この瞬間は、麻酔しとけばよかった〜と思いました・・)

 

レーザーで目が焼けないよう、レーザー治療用のサングラスをかけさせられた後、医師が「じゃぁ、そろそろ始めまーす」と言うと、ピコレーザーでの照射が始まりました。

 

そして、「パチン、パチン」という音と共に、タトゥーにレザーが放たれていきました。

 

【タトゥー除去】ピコレーザーの痛みはどんな感じ?

タトゥー除去のピコレーザーの痛みはというと、正直想像していたよりは全然痛くありませんでした。

 

どんな痛みか例えるなら、「タトゥーを入れた時の痛みの感じと似てる」と思いました。

 

レーザー治療は、輪ゴムで皮膚を弾くような痛みだと良く言われますが、そういった痛みとはチョット違い、タトゥー(刺青)を入れた人ならよく知っている、細い針を皮膚に刺し、なぞっていくようなあの痛みに似ていました。

 

痛みの感じ方は人それぞれ違うと思いますが、「タトゥーを入れた時の痛みには余裕で耐えれた」という人は、麻酔なしでも大丈夫ではないかと思います。

 

ただ、タトゥーを除去する範囲が大きければ、その分痛みは長い時間続くので、「タトゥーを入れた時のような痛みが長時間続くなんて、まっぴらごめん!」という人は、麻酔をした方が無難だと思います。

 

【ピコレーザー】1回目の照射が終了しました!

 

照射が終わってすぐの患部の状態はこんな感じです。

 

照射は2分ぐらいで終了し、あまりの速さに「えっ、もう終わったんですか?」と、治療してくれた医師に聞いてしまいました(笑)

 

レーザーをあてたタトゥーの部分は白くなっています。レーザーをあてた部分の周りは、うっすら赤くなっており、皮膚にそうとうな衝撃があったことを物語っていますね。

ピコレーザーの治療が終わった後の傷跡の痛みは、ほとんどありませんでした。「治療後はヒリヒリした痛みが続くんだろうなー」と思っていたので意外でした。

 

 

ピコレーザーでの治療が終わると看護師に別室に案内され、傷跡を冷やすためにアイスパックを渡されました。

 

看護師さんはすごく感じのいい方で、傷跡の状態を気遣ってくださったり、気さくに話しかけてくれるなどして、僕の傷ついた心を癒してくれました(笑)

 

こういった細かい部分の配慮は、小さい病院より大きい病院のほうがしっかりしてるなぁと感じました。

 

 

20分ほど患部を冷やした後、看護師が傷跡に軟膏塗り、モイスキンパッドを貼って処置をしてくれました。これで1回目の治療行程は全て終了になりました。

 

帰る際受付で、1週間後に傷跡の状態を見てもらう為、診察日の予約をとって帰りました。

 

1回目のレーザー治療を終えて家に帰った後・・

レーザー治療は施術を受けてから24時間は傷跡を濡らしてはダメなので、治療を受けた当日はお風呂に入らず、髪と顔だけを洗面所で洗い就寝しました。

 

次の日、治療を受けてから24時間経った後、お風呂に入りました。傷跡は擦らず、なでて洗うように指示があったので、傷跡の部分は手のひらでなでるように洗いました。

 

 

お風呂からあがって傷跡を見てみると、こんな感じになっていました。

 

ピコレーザー照射後は白かった患部は、ところどころ赤くなっており、タトゥーの色が濃かった部分は水ぶくれになっていました。この時も痛みは全くありません。

 

 

 

湘南美容クリニックで処方された「デルモゾール軟膏」を傷跡に塗り、その上から「モイスキンパッド」を貼り傷跡の処置をしました。

 

「モイスキンパッド」は、キズパワーパッドの強力版で、傷跡をより早く治す役目をしてくれる優れものです。

 

治療を受けてから1週間経った後に、再度傷跡を診察!

あらかじめ、治療から1週間後に傷跡が順調に治っているか見せに来るように言われていたので、予約していた日に湘南美容クリニック新宿本院に傷跡を見せに行きました。

 

 

1回目の照射から1週間たった傷跡の状態はこんな感じです。

 

湘南美容クリニック新宿本院に行くと、レーザー治療してくれた医師が診察をしてくれました。

 

傷跡を見てもらった結果、経過は順調とのことで、2ヵ月後には2回目の治療を受けても大丈夫とのことでした。

 

今後の処置方法についても説明があり、今まで傷跡に塗っていた「デルモゾール軟膏」から変更し「ワセリン」を塗るように言われました。

 

「モイスキンパッド」に関しては、服にワセリンが付くのが気にならないようであれば、貼らなくても良いとの事でした。

 

ちなみに、傷跡の経過をみる診察料は、最初に払った料金の中に含まれているので無料でした。

 

 

ワセリンは湘南美容クリニック新宿本院で購入するよりも、ドラッグストアで買った方が安いとの事だったので、近所のドラックストアで300円で購入しました。

次の施術の日まで毎日薄く塗っていった方が、傷の状態は良くなるとのことだったので、お風呂上がりに毎日塗るようにしています。

 

2回目のピコレーザーの治療は2か月後になります!次はどのくらいタトゥーが消えるのか楽しみです!

 

湘南美容クリニックの公式サイト

スマホからカウンセリング予約する

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加