【タトゥー除去】オザキクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加 

オザキクリニックのタトゥー除去について

 

オザキクリニックは「切らない美容医療」をモットーに運営しているクリニックなのですが、患者からの要望が多くなったこともあり、新宿院のみ美容外科分野の治療も行っています。それに合わせてタトゥー除去治療も行っており、沢山の症例数を持っています。
また、剥削法(削皮)を精度高く行える数少ないクリニックの一つで、六本木境クリニックの境院長や、はなえクリニックの田牧院長など、剥削法で有名な医師はオザキクリニックの出身者になります。

オザキクリニックのここがポイント!

  • 形成外科専門医が多数在籍!
  • 剥削法の高度なノウハウがある!
  • 優秀は医師を多く輩出!

おすすめ度

 

営業時間

平日 11:00〜20:00

土日祝 10:00〜18:00

休診日

木曜日

行っている治療法

レーザー・切除・削皮

得意な治療法

削皮

お支払方法

現金・クレジットカード・デビットカード・医療ローン

クリニック案内

新宿

 

オザキクリニックのタトゥー除去カウンセリング体験レポート

 

オザキクリニックのタトゥー除去について調査するため、中田君と一緒にカウンセリングを受けに行ってみました。

 

オザキクリニックは、新宿、羽村、祐天寺の3か所にあるのですが、タトゥー治療は新宿院しか行っていないとのことだったので、新宿院にお邪魔する事にしました。

 

新宿院は「LUXE新宿院」という院名になっていて、歌舞伎町にある新宿区役所の近くにありました。


 

オザキクリニックLUXE新宿院は、1Fにドコモショップが入っている「エキニア新宿」というビルの7Fに入っていました。

 

エレベーターで7Fに上がってすぐの所に、オザキクリニックLUXE新宿院の入り口があったので院内に入っていきました。

 

 

院内は、とても綺麗な内装になっていましたが、入りにくさは感じませんでした。

 

受付に行き、タトゥー除去のカウンセリング予約をしていたことを伝えると、待合室に案内されました。

 

待合室は、男性用と女性用で分かれていて、受付から少し入った場所が男性の待合室になっていました。

 

待合室に仕切りがされているクリニックは幾つかありますが、男女で分かれていたのはオザキクリニックが初めてだったので、プライバシーの保護が徹底されているなぁと感心しました。

 

 

待合室で問診票を書いて3分ほど経ったあとにカウンセラーの方が来られ、奥の個室に案内してくれました。

 

個室ではタトゥーの写真撮影だけ行い、もう一度待合室で待っておくように伝えられました。

 

それから15分ぐらい待たされたので、「美容クリニックにしては珍しく待たされるなぁ」と思っていたら、わざわざカウンセラーの方が来てくれて、待たせた事を謝罪してくれました。

 

 

カウンセラーの方がちゃんとフォローしてくれたおかげで、待たされても嫌な気持ちにはなりませんでした。

 

中(なか)院長によるタトゥーの診察が始まる

そのことがあってからすぐに順番が回ってきたので、院長が待つ診察室に案内してもらいました。

 

診察室で待っていた中院長は優しい感じの先生で、誰でも安心してカウンセリングが受けられるような雰囲気を持った方でした。

 

初めに院長にタトゥーを見てもらい、どのように消していきたいか希望を伝えました。

 

カウンセリングで見せた刺青と、ドクターに伝えた希望条件

 

院長がタトゥーを見て診断した結果、「大きいタトゥーは切除法を用いる事ができないので、レーザー治療か剥削法のどちらかになる」と言われました。続けて・・

 

レーザー治療はQスイッチYAGレーザーを使用して行うことになり、20回以上の治療回数が必要、もしくはそれでも消えない可能性がある。

 

タトゥーを完全除去したいのであれば剥削法が最適だが、タトゥーが完全になくなったとしても、汚い傷跡が残ることは覚悟しないといけない、ということを伝えられました。

 

また、中院長は剥削法の手術を行うことができないらしく、別の医師が手術を担当することになると言われました。

 

オザキクリニックのホームページにあるドクタープロフィールを見てみると、柴田医師という方がやけど治療を得意としているようなので、この先生が剥削法を担当しているのではないかと思います。

 

剥削法の担当医師から詳しい説明が聞けなかったのは残念ですが、タトゥー治療のデメリットを明確に伝えてもらえたので、信用できるクリニックだと感じました。

 

オザキクリニックのタトゥー除去の費用は?

中院長のカウンセリングが終わり、再び待合室に戻った後、カウンセラーの方から費用の説明がありました。

 

カウンセラーの方が見積書を持ってきてくれ、内容の解説をしてくれました。

 

 

刺青除去の費用は、刺青の大きさやスタイル、受ける治療法により異なります。

画像の見積書は、こちらの刺青を除去する場合の値段になります。

 

すべての項目は、モニターになる前提の費用になり、レーザー治療は1回あたり26万円、剥削法は85万円、剥削法とレーザーを組み合わせる場合は127万円になるとのことでした。

 

レーザー治療に関して「20回以上かかります」と記載がありますが、仮に20回で消えたとしても、520万円の費用が掛かることになります。

 

剥削法に関して、「2回にわけておこなう場合もございます」と、曖昧な感じで記載されているのは、手術を行う担当医師の判断によって変わってくるからということでした。

 

この見積書の料金を、他のクリニックの料金と比較してみると、オザキクリニックで治療を受ける時にかかる費用は、決して安くないということが分かります。

 

タトゥー除去を行っている35ヶ所のクリニックの値段を暴露!

 

オザキクリニックのホームページに載っているタトゥー除去の料金表

治療方法 サイズ 料金(税抜)

レーザー治療
 

1×1cm=1cu 8,500円
5×5cm=25cu 100,000円
切除法 5cm×5cm 78,000円

※レーザー除去法による治療は別途、薬代「1,000円」がかかります。
※切除法は血液検査代「10,000円」と保護セット「5,000円」が別途かかります。

 

 

費用の説明が終わり、カウンセラーの方から質問がないか確認された後、カウンセリングは終了になりました。

 

カウンセラーの方は、終始愛想よく応対してたので好印象でした。カウンセリング料は無料で、治療の勧誘は一切ありませんでした。

 

【タトゥー除去】カウンセリング内容の詳細まとめ

院内の綺麗さ

入りやすさ

 綺麗

 入りやすい

接客態度

プライバシーの保護

 良い

 守られてる

待ち時間

勧められた治療法

 約15分

 削皮+レーザ

医師の応対

カウンセラーの応対

 丁寧

 丁寧

見積書の提示

勧誘の有無

 あり

 無し

モニター募集

値段

 あり

× 高い

カウンセリング時間

カウンセリング料

 45分

 無料

 

タトゥー喜多山の最終ジャッジ!

 

剥削法でタトゥーが除去できる数少ないクリニックではあるのですが、手術を担当する医師が常在していないのは、患者にとって不安があります。

 

タトゥー除去治療は一度行うと後戻りができないので、手術をしてくれる担当医と信頼関係を築いてからでないと治療に望むことはできません。

 

また、導入レーザー機器がQスイッチYAGレーザーである事も気になります。

 

オザキクリニックは、「業界トップのレーザー治療専門クリニックを目指す」とホームページに記載されているほど、レーザー治療に力を入れているようです。

 

であるなら、美容分野だけでなく、タトゥー除去に関しても最新レーザー機器のピコレーザーを導入してもらいたいところです。

 

トータル的に判断すると、カウンセリングを受ける価値はあると思いますが、治療に踏み切れないクリニックだというのが、タトゥー喜多山のジャッジです。


 

オザキクリニックでタトゥー除去治療を受けた方の口コミ・評判

※こちらでご紹介している口コミ・評判は、「ホームページ」や「美容医療の口コミ広場」に掲載されている、実際に治療を受けられた方の体験談になります。
その内容を文意を変えずに読みやすく修正して掲載しています。

 

 

<25歳・女性・切除・両腕>
満足度

 

前まではショップ店員だったので、あからさまに出さなければ刺青は大丈夫だったのですが、転職先は制服を着ないといけなく、刺青がNGだったので消すことにしました。

 

都内のクリニックを3件ほど回りましたが、オザキクリニックの雰囲気が一番よく説明も丁寧だったので選びました。

 

3件もクリニックを回ると、それぞれのクリニックの良いところや悪いところがみえてくるようになったり、刺青除去に関する深い部分まで質問することができたので、よかったと思います。

 

10センチ前後の刺青が両腕に入っていたのですが、両方とも切除で除去してもらいました。

 

着替えをした後、同意書にサインしてから手術は始まりました。

 

刺青を切除された時は麻酔が効いていて全く感覚はありませんでしたが、切除後の縫合の時は、皮膚を縫われているのがなんとなくわかりました。

 

麻酔の効きが悪い箇所がないか探り探りやってもらえたので、手術に対する恐怖感はありませんでした。

 

麻酔を打ってからクリニックを出るまで、だいたい3時間ぐらいかかったと思います。

 

両腕の刺青を一度に除去してもらったので、家に帰ってからは、寝返りを打たないように意識したり、腕を上げないようにするなど、かなり動きに制限がありました。

 

ただ、毎日テープ保護を怠らなかったりするなど、ケアは入念に行ってたので、トラブルなく抜糸の日を迎える事ができました。

 

現在手術を受けてから1ヶ月経ちますが、しっかりケアしているにも関わらず、傷あとはまだグロテスクな感じです。

 

手術を受ける前に、傷の事は医師から伝えられていたのですが、想像以上に見栄えが悪いので、レーザーで除去すればよかったと少し後悔しています。


 

<26歳・女性・切除・背中>
満足度

 

若くして結婚出産を経験し、周りの子が遊んでいるときに遊べなかった反動からか、母親になって入れ墨を入れました。

 

一応子供の事も考え、見えない部分に入れたのですが、しばらくしてから自分の親に伝えたところ、孫のために消してほしいと泣かれたため、除去することになりました。

 

お金は親がある程度工面してくれるとのことだったので、少し高くても一度で除去できる手術を選ぼうと考えていました。

 

新宿だと通いやすかったのでクリニックを探していたところ、オザキクリニックが見つかりました。

 

カウンセリングに行くと院長が応対してくれ、経験豊富で信頼できそうだったし、費用も予算内だったのでお願いすることにしました。

 

入れ墨は背中に20センチぐらいで入っていたので、2回に分けて切除する分割法で除去することになりました。

 

手術当日はシャワーを浴びれないと言われていたので、お風呂に入ってからクリニックに行き、麻酔をしたあと手術台にうつ伏せになりました。

 

手術自体は麻酔が痛かった程度で、それ以外はなにも感じませんでした。

 

現在は手術から3日が経ちますが、少し傷に痛みがあるので痛み止めを服用しています。

 

傷が背中にあるので、軟膏を塗ったりテープが張りにくく、母親に手伝ってもらいながらアフターケアを行っています。

 

傷の痛みがある時は何ともないのですが、痛み止めを飲んで傷の痛みが引いたあとは、テープを貼っているところが物凄くかゆいです。

 

傷の様子を見て2カ月後に最後の手術がありますが、それまでに傷が順調に回復してくれればと思っています。

 

完全に入れ墨がなくなるまで、まだ何回かお世話になると思うので、今後もよろしくお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加