【タトゥー除去】2回目のピコレーザー治療

このエントリーをはてなブックマークに追加 

2回目のピコレーザー!タトゥー除去体験ブログ!

 

 

1回目のピコレーザー照射から2か月が経ったので、2回目の照射をしてもらうため湘南美容クリニック 新宿本院に向かいました!

 

1回目の照射から、2週間ぐらいは、照射した部分がかさぶたになっていましたが、1ヶ月も経ったころには元の皮膚に戻っていました!

 

アフターケアは毎日怠らずに行いました!


湘南美容クリニックの公式サイト

スマホからカウンセリング予約する

 

2回目の照射を行うまえのタトゥーの状態

 

事務所の社長のご厚意で、上の画像の赤い四角の部分の刺青だけ除去すればいいという事になったわけですが、1回目の照射が終わって2か月経ったタトゥーの状態は、下の画像のような感じになっていました。

 

さすがピコレーザー!早くも、筋彫りの一部がちょっと消えています!照射した他の部分は、タトゥーの墨がなんとなく浮いているような感じがあります。

 

2回目の照射が終わったら、もっとタトゥーが消えている事を期待したいところです!

 

 

【タトゥー除去】2回目のピコレーザー治療!口コミレビュー

予約していた時間に湘南美容クリニック 新宿本院へ行きました!

湘南美容外科 新宿本院へは、カウンセリングを受けにいったのを合わせると3回目の通院になるので、さすがに行き道は覚えました(笑)

 

受付に行くと、いつものように呼び出し番号が入ったファイルを渡され、待合室で待つように言われました。

 

行った日が休日だったからか、待合室には20人ぐらいの人が待っていて結構混んでいました。(さすが人気クリニック!)

 


 

20分ぐらい待ったあと、カウンセラーの方から番号を呼ばれ、院内奥にある半個室に案内されました。

 

 

カウンセラーの方が、タトゥーの経過写真を撮影したあと、ピコレーザーを照射する部分をアイスノンで冷やしておくように言われました。

 

 

ピコレーザー(ピコ シュア)がある診察室へ

10分程度、照射する部分を冷やした後、カウンセラーの方に治療室へ案内されました。治療室は、1回目の時と同じ部屋でした。

 

1回目の時は、この部屋に入った時からすでにドキドキしていましたが、もはや見慣れた光景だったので、平常心でいられました(笑)

 

 

このタッチパネルで、出力やパルス幅を変更しているのですね。ふむふむ。

 

 

準備万端という感じでベットに仰向けになっていると、3分ほどして1回目の時と同じドクターが入ってこられました。

 

 

ドクターはタトゥーの状態を見て、特にトラブルがないことを確認したうえで、「今日は、前回より出力を上げてみますね〜」と言いました。

 

出力とは、「レーザー光が皮膚にあたる力」のことなんですが、出力を上げるとレーザー光が皮膚にあたる力が強くなる分、タトゥーが消えやすくなります。

 

でもあんまり出力を上げすぎると、皮膚に負担がかかってしまうので、傷跡になってしまったり、色素沈着がおこったりする恐れがあります。

 

1回目の照射を終えてみて、僕のタトゥーに皮膚トラブルがなかったので、ピコレーザーの性能を最大限に活かすために、ドクターの判断で出力を上げたのだと思います。

 

ピコレーザー2回目のタトゥー除去治療開始です!

ドクターがピコレーザーの出力を調整したあと、レーザー保護メガネをかけて、いよいよ照射が始まりました!

 

 

【タトゥー除去】ピコレーザー2回目の照射の痛みは?

1回目にピコレーザーを照射したときの痛みはどうだったのか感想を書いたとき、「耐えられないほどの痛みではない」と書きました。

 

ピコレーザー 1回目のタトゥー除去ブログ!

 

今回、出力を上げてピコレーザーを照射してもらったわけですが、実は1回目の照射の時よりも、ちょっと痛かったです・・

 

痛みの種類は前回と同様、「タトゥーを入れるときと同じような、針で皮膚をなぞるような痛み」だったのですが、レーザー光が皮膚にあたるときの痛みは、前回より強く感じました・・

 

ドクターいわく、タトゥーが薄くなればなるほど、墨の粒子を粉砕する量が減るため、痛みは少なくなっていくそうです。

 

でも僕の場合はまだ2回目なので、墨の粒子がかなり残っているらしく、出力を上げると粒子を粉砕する衝撃が強くなり、痛みを感じることがあるそうです。

 

ただそれも、人によって痛みの感じ方が違ったり、タトゥースタイルによっても痛みの強さは変わってくるそうです。

 

ピコレーザー1回目の体験ブログの時は、「とりあえずこれぐらいの痛みなら麻酔なしでもいけるんじゃないか」みたいなことを書いてしまいましたが、大きめのタトゥーをピコレーザーで除去する場合は、おとなしく麻酔を打ったほうが、精神的にも肉体的にも無難かもしれません・・

 

(僕が消しているぐらいの小さいタトゥーなら、治療時間が短いので、麻酔なしでも全然耐えれると思いますよ!)

 

【タトゥー除去】ピコレーザー2回目の照射が終わった直後の皮膚の状態

ピコレーザーの照射時間は、1回目の時と同じように5分前後で終了しました!

 

照射が終わった直後の皮膚の状態は、こんな感じです。前回より、白い色が濃いような気がします。これもピコレーザーの出力を上げたからなのでしょうか。

 

 

照射が終わったあと、ドクターからアフターケアの注意点を伝えられました。伝えられた内容は・・

 

  • 照射した部分は水ぶくれになってくるので、潰さないようにすること
  • 照射してない周りの部分まで水ぶくれになったら潰してもいい
  • かさぶたは乾かさないように毎日軟膏を塗る事
  • かさぶたが乾いた状態ではがれると傷跡になりやすい
  • かさぶたが綺麗にはがれるまでは強くこすらないこと

 

ということでした。

 

アフターケアについては、1回目の時も合わせて入念に伝えられたので、綺麗にタトゥーを消すためにはとても大事なことなんだなぁと、改めて実感しました!

 

話が終わると、15分ほどアイスノンで照射した部分を冷やすように言われ、ドクターは退室していきました。

 

それから15分後、看護師の方が診察室に入ってこられ、照射した部分を軟膏とガーゼーで処置してくれました。

 

毎回思うのですが、湘南美容クリニックの看護師の方は、どの方であっても優しく応対してくれます!

 

 

これで2回目のピコレーザー治療は終了とのことだったので、そのまま受付に向かいました。

 

受付で1週間後の診察の予約を取り、湘南美容クリニックをあとにしました。

 

治療を受けるまでは結構待たされるのですが、治療が終わった後は、待ち時間ゼロでスムーズに帰れるので、とても助かります!

 

1回目のピコレーザーの時は、治療が終わってからの痛みはほとんどなかったのですが、今回は帰りの電車の中でも、照射した部分がズキズキ痛みました。

 

全然耐えられるぐらいの痛みなのですが、1時間ぐらい続きました。

 

24時間後の照射部分

ピコレーザーの治療を受けてから24時間は、照射部分を濡らしてはいけないので、その日はお風呂に入らずにタオルで体をふくだけにしました。

 

治療を受けてから24時間たった翌日、お風呂に入り、上がったあとの照射部分はこんな感じになっていました。

 

 

ピコレーザー1回目の時は、照射したところの一部しか、水ぶくれになっていなかったのですが、今回は照射した全体が水ぶくれになっていました。

 

出力を上げると、こんなにも変わるんですね!でも、こうなってくれたほうがタトゥーがよく消えてくれそうな感じがします!

 

 

ピコレーザー1回目の時に購入した軟膏とガーゼが沢山残っているので、しっかりとアフターケアを行いました。

 

治療から1週間後の診察

1回目のピコレーザー治療の時と同じように、照射をしてから1週間後に湘南美容クリニック 新宿本院に診察に行きました!

 

傷が綺麗に治ってきているかの医師にチェックしてもらいましたが、まったく問題ないと言われ、診察は3分で終了しました(笑)

 

2回目の治療から1週間経ったときのタトゥーはこんな感じです。

 

 

 

もう少ししたら、照射した部分がかさぶたになりそうです。かさぶたが取れたら結構薄くなってくれそうな感じなので期待したいと思います!

 

1回目の時と同じように、毎日ワセリンを塗って、引き続きアフターケアを行っていきます!

 

ピコレーザー 3回目の刺青除去ブログは、1月頃アップ予定です!

 

湘南美容クリニックの公式サイト

スマホからカウンセリング予約する

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加