タトゥー除去治療の大まかな費用相場

このエントリーをはてなブックマークに追加 

タトゥー除去治療の大まかな費用の相場ってどの位?

 

 

タトゥーを除去しようと考えている人が、まず一番最初に気になるのが「タトゥー除去治療の費用の相場は一体どれくらいなのか?」ということではないかと思います。

 

「早くタトゥーを消さないと人生が狂ってしまう!」という人は、いくらお金がかかったとしても治療することを決意すると思いますが、「緊急ではないけど将来の事を考えてタトゥーを消したい」と考えている人にとっては、タトゥーを消す費用がどれくらいかかるのかは大きな問題です。

 

ちまたでは、「タトゥーを消すのは、入れた時の10倍のお金がかかるのが相場だ」と都市伝説のように言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

 

このページでは、35か所のクリニックでカウンセリングを受けたときに提示された見積書をもとに、タトゥー除去治療の相場はどのくらいなのかを検証していきたいとおもいます。

 

まずは、うちの事務所の中田君はタトゥーを入れるのに、どのくらいのお金がかかったのかを見ていきたいと思います。


 

 

 

このタトゥーは、4回に分けて入れたのですが、1回の費用が5万円だったので合計20万円かかりました。

 

僕が入れてもらったタトゥースタジオでは、大きいタトゥーを入れる場合の費用は時間制で設定されていました。

 

雑誌で紹介されていたりするほど東京では有名な彫師さんでしたが、他のタトゥースタジオの費用をネットで調べた限りでは一般的な費用相場でした。

 

タトゥーを入れたときの費用が20万円だったということをふまえたうえで、カウンセリングを受けたときにクリニックで提示された見積書を見ていきたいと思います。


写真のタトゥーを除去するのにかかる費用は・・

 

 

 

 

 

 

この見積書の写真は、35ヶ所のクリニックでカウンセリングを受けた時に提示された中の一部になります。

 

3つの写真とも約200万円の費用になっていますが、実はこの3つのクリニックだけタトゥー除去の値段が約200万円だったわけではなく、35か所のクリニック中、22ヶ所のクリニックが200万前後の見積書を提示してきました。

 

提示された見積書の結果からみると、タトゥーを入れた時に支払った費用が20万円なので、タトゥーを消すには、その約10倍の治療費がかかるクリニックがほとんどだということになります。

 

ということは、「タトゥーを消す為の費用相場は、入れる時の費用の10倍かかる」というタトゥー相場の都市伝説は、あながち間違いではないということが言えると思います。

 

治療方法によっても価格相場は変わってくる

ここまではクリニックで実際に提示された見積書をもとに価格相場を検証していきましたが、治療方法によっても価格相場は変わってきます。

 

タトゥー(刺青)はどうやって除去していくの?

 

4つのタトゥー除去治療方法の価格相場を不等号であらわすと、大体こんな感じになります。

 

植皮 > 切除 > 剥削 > レーザー

 

一番高いのが植皮(皮膚移植)で、次が切除法、その次が剥削法(削皮)、そして一番安いのがレーザー治療という価格相場になります。

 

メスを使用したり、皮膚を縫合しないといけない植皮(皮膚移植)と切除法は、治療行程が多くなるので治療費は高額になります。特に植皮(皮膚移植)は、タトゥーは入っている部位と、別でもう一箇所手術しないといけないので、最も高額な治療費がかかります。

 

一応ここでは、タトゥーを消す費用はレーザー治療が一番安いという事にしていますが、他の治療方法よりレーザー治療が高くなってしまう場合もあります。

 

タトゥーの墨は、皮膚の表面を見ただけではどのくらいの深さまで入っているのかわからないので、何回照射すればタトゥーが完全に消えるのかどうかは、レーザー治療を始めてみないとわかりません。

 

なので想定していた回数より多くレーザーをあてないといけない場合があり、レーザー治療を受けるごとに費用が、かさんでくることがあります。

 

ただ現在のレーザー治療では、最新レーザー機器のピコレーザーを導入しているクリニックが多く、古い機種のQスイッチYAGレーザーを使用していたころに比べ、約半分の照射回数でタトゥーを消せるようになりました。

 

タトゥー除去のレーザー治療について

 

このことからも機種の選択さえ間違えなければ、レーザー治療が一番安い相場の、タトゥー除去治療方法であるといえます。

 

モニター契約によっても相場が変わってくる

モニターとは、タトゥー治療を受けたときの経過写真やビフォーアフターの写真を撮影し、その写真をホームページなどの媒体に掲載する代わりに、特別価格で治療が受けられるという契約になります。

 

刺青を消したいと考えている人がクリニックのホームページを見たとき、治療を受けたらどのような感じになるのかを、よりリアルにイメージしてもらえるようにすることが、このモニター制度の狙いなります。

 

モニター制度は、ほとんどのクリニックが行っているのですが、中にはモニター制度を行っていないクリニックも存在します。

 

またモニター契約すると、どのくらい値段が安くなるのかもクリニックによって違い、タトゥーを消す費用が通常価格の半額になるところもあれば、20%OFFになるところもあるなど様々です。

 

さらには、写真を掲載されることに抵抗がある人もいるでしょうし、せっかく入れてくれた彫師に申し訳ないという気持ちがあるので、タトゥーを消す費用が安くなってもモニターにならないという人もいると思います。

 

このように、

 

  • モニター制度を行っているクリニックなのか
  • モニターになったらどれくらい値段が下がるのか
  • モニターで契約するのか、しないのか

 

という要素によっても、タトゥー除去治療の費用相場は大きく変わってきてしまいます。

 

でも結局はクリニックによって費用が違う

 

 

ちゃぶ台をひっくり返すような話になってしまうのですが・・

 

ここまで述べてきた価格相場の話はあくまで目安ということになり、結局はクリニックが設定している料金体系によって、タトゥー治療の相場は大きく変わってきます。

 

まずは下の見積書をごらんになってください。


 

 

 

 

この見積書は湘南美容クリニックにカウンセリングを受けに行った時に提示されたものになります。もちろん見てもらったタトゥーの大きさは他と変わりません。

 

さきほど紹介した3つの見積書は約200万円だったのに対し、湘南美容クリニックで提示された見積書は658,200円(税込)でした。しかも最新レーザー機器のピコレーザーでタトゥーを消す場合の費用です。

 

湘南美容クリニックの詳しい解説

 

クリニックによってここまで費用に開きがあると、タトゥー除去治療に価格破壊が起こっているよう思えてしまいます。

 

でも実は、湘南美容クリニックがここまで安い費用で治療を行っているのには訳があります。

 

タトゥーの除去治療は自由診療(保険適用外)であることや、人に相談しにくい悩みである事もあり、患者の足元をみているような費用設定にしている美容クリニックが現実に存在します。

 

そのような現状にメスを入れるべく、「最善の医療を適正価格で提供する」という経営理念のもと、湘南美容クリニックが先陣を切って良心的な価格で治療を行っているのです。

 

今はネット社会なので、湘南美容クリニックが安くタトゥー除去治療をおこなっているという情報は、またたくまに広がていくでしょう。

 

そうなれば他の美容クリニックもタトゥー治療の費用を下げざる負えなくなると思うので、近い未来、タトゥー除去治療の価格相場は軒並み下がっていくのではないかとタトゥー喜多山は思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加